トップページ > 熊本県弁護士会とは

弁護士会について

各委員会の活動について

郷土の弁護士・弁護士法人が所属する法人です

 弁護士会とは,弁護士及び弁護士法人の品位を保持し,弁護士及び弁護士法人の事務の改善進歩を図るため,弁護士及び弁護士法人の指導,連絡及び監督に関する事務を行うことを目的として弁護士法に基づいて設立された法人です。
各都道府県に一つの弁護士会が設立され(但し,北海道は4会,東京は3会。),弁護士及び弁護士法人は,法律事務所を設けた地域の弁護士会に必ず入会し,日本弁護士連合会に登録する必要があります。
熊本県では,熊本県弁護士会が唯一の弁護士会であり,熊本県内に法律事務所を設ける弁護士及び弁護士法人は全て当会に入会しています。

さまざまな活動を行っております
法律相談―弁護士はトラブル解決の力強いパートナーです―

 借金,相続・遺言,離婚,不動産や交通事故でのトラブルなど・・・毎日の生活を送る中で,人は時に避けては通れない法律問題やトラブルに直面してしまう場合があります。
そのような時には,ひとりで悩まずに,まずは弁護士にご相談ください。
法律の専門家である弁護士が,あなたの力強いパートナーとなり,トラブル解決に向けた適切なアドバイスを行います。

1. 法律相談センターでのご相談
 熊本県弁護士会は,弁護士をご存じでない方のために,県内7か所に「法律相談センター」(TEL096-325-0009)を設けて,法律相談を行っていますので,お気軽にご相談ください。
法律相談センターは,皆様の様々な法律問題やトラブルを解決する総合的な相談所として,多くの方々にご利用を頂いています。
2. 各弁護士事務所でのご相談
 熊本県弁護士会には身近で頼りがいのある多くの弁護士がいますので,各弁護士事務所にもお気軽にご相談ください。各弁護士事務所の名称や所在等の情報については,このホームページの「弁護士検索」や「ひまわりサーチ」をご覧ください。
弁護士会のその他の制度

 熊本県弁護士会は,以上の法律相談のほか,市民の皆様の「困った!」に対応すべく,様々な制度を設置しています。詳しい内容につきましては,このホームページの「各種相談一覧」などをご参照ください。

委員会活動等

弁護士の使命は,基本的人権を擁護し,社会正義を実現することです。
熊本県弁護士会は,多くの委員会を設置して,市民の皆様が抱える問題解決のための各種活動,司法手続の研究・改善,法律問題の研究,市民向けの法教育など,基本的人権の擁護と社会正義の実現につながる様々な活動を展開しています。
詳しくは,委員会活動紹介をご参照ください。

親しみのある元気な弁護士会を目指して

 熊本県弁護士会は,地域の皆様に信頼される,親しみのある元気な弁護士会でありたいと考えております。今後とも,熊本県弁護士会の活動に対し皆様の一層のご理解とご支援をお願い申し上げます。

弁護士会概要 (平成29年4月1日現在)

名称
熊本県弁護士会
設立
1949(昭和24)年10月25日
代表者
宮田 房之
会員数
273名 (弁護士検索はこちら
所在地
熊本県熊本市中央区京町1丁目13番11号 (アクセスマップ
TEL 096-325-0913

役員のご紹介

会長
宮田 房之
副会長
阿部 広美、井上 陽介、渡辺 絵美

会長あいさつ

 平成29年度熊本県弁護士会会長に就任致しました宮田房之です。3名の副会長、4名の主任とともに、1年間当会の活動の舵取りを担わせていただきますので、どうぞよろしくお願い致します。

 さて、弁護士は、県民の皆様から依頼を受け、個々の問題を法に則って解決することで、また、上記「委員会活動等」にもありますとおり、委員会などの組織的活動を通じて、基本的人権の擁護と社会正義の実現につながる様々な働きかけを行っています。

 昨年度は、熊本地震発生直後から、被災をされた方の電話相談・派遣相談、自然災害による被災者の債務整理に関するガイドライン(二重ローン防止)にもとづく支援等を、法テラス、日弁連、九弁連、他県の弁護士会・弁護士、関係諸団体の協力をも得ながら実施してまいりました。震災問題につきましては、今後、時間の経過により、対応を要する課題や頻度も変化してきますが、これからも適切に実行できるように努めたいと存じます。

 「皆様から求められていること」「弁護士ができること」を考えながら、弁護士、弁護士会が、県民の皆様にとって、あってよかった、なくてはならないと思われる存在になりたいと思います。

どうぞよろしくお願い致します。