トップページ > 身近な相談事例 > 賃貸・住まいの問題

相談する

身近な相談事例

賃貸・住まいの問題

住まいのことで悩んでいませんか?

生活する上で安心な住まいは必要不可欠です。
家や土地を借りるとき、家を建てるとき、隣近所のトラブル・・・住まいに関してお困りではないでしょうか。
お悩みがあれば、まずは弁護士にご相談下さい。地元の身近な弁護士が誠意を持って解決にあたります。

家や土地を借りるとき(貸すとき)

家や土地を借りるとき、あるいは貸すとき、いろいろな法律問題があります。
~賃借人側~
例1:借家の契約更新を断られてしまった
基本的には前と同じ条件で更新されます。更新を断る場合には、少なくとも6ヶ月以上前に契約更新しないと通知をした上で、正当事由が必要になります(ケースによります)
例2:敷金を返してくれない
賃貸人は、賃貸借契約が終了した場合には、賃借人に特に債務がないならば,敷金を賃借人に返還しなければなりません。そこで、賃貸人が敷金を返還してくれない場合には、敷金を返還するよう催告書を内容証明郵便で送ったり、裁判上の手続きを使い解決を目指します
~賃貸人側~
例3:未払い賃料を回収したい
未払いの賃料を支払うよう催告書を内容証明郵便で送ったり、裁判上の手続きを使い回収を目指します

他にも、建物の増改築をする際のトラブル、更新料のトラブルもあります。
このような問題でお困りの際は、ぜひ弁護士にご相談ください。

家を建てるとき

家は多くの人にとって人生で一番高い買い物です。その分トラブルも多くなりがちです。
~家を注文する側~
例1:当初の見積金額よりも多額の請求を受けた
例2:家を新築して実際に住み始めたら欠陥住宅だった
~建築業者側~
例3:注文と内容が違うと言って代金を支払ってくれない
例4:途中まで工事をしたのに契約を解除したいと言われた
こういったトラブルについても、まずは弁護士にご相談ください。

土地の境界でお困りのとき

土地の境界でトラブルになっているときは、相手方と交渉したり、裁判上の手続きで境界を決めます。
このようなときも、弁護士にご相談ください。

近隣関係

その他、土地の通行、騒音、ごみ問題などの近隣のトラブルについても、お気軽に弁護士にご相談下さい。

相談先

お住まいに関する相談もお気軽にご相談ください。

熊本県弁護士会法律相談センター
TEL:096-325-0009