せいかつQ&A

  1. ホーム
  2. せいかつQ&A
  3. 不動産購入の注意点(熊本日日新聞 2020年12月02日付)

不動産購入の注意点(熊本日日新聞 2020年12月02日付)

2020.12.02
その他 その他

 Q 土地を購入して自宅を新築したいと考えています。取引で注意する点を教えてください。

 A 不動産の購入は一生に一度の取引ですし、宅地購入や自宅の新築は大きな金額の買い物で、場所や地域の選定、不動産の購入契約、住宅ローンの設定、決済、登記、引き渡し、建築など全て初めての経験で、チェックすべきことがたくさんあります。
 土地については、建築基準法などの規制で計画した建物が建てられないケースもあります。また、公道に2メートル以上接していなければならない「接道義務」などのルールもあります。
 従って、土地購入は事前の調査が大切で、売り主である相手方側ではなく、買い主である当方の立場に立って調査したり、意見を言ってくれる宅地建物取引業者などの専門家が必要です。住宅ローンについても事前に交渉し、融資が受けられるか打診しておいてください。融資については、所得証明書の提出や連帯保証人を付けること、担保不動産の提供を求められることもあります。
 契約書作成まではいつでも「取引をしません。やめます」と言うことができますが、売買などの契約書を作成すると後戻りはできません。この時点から手付金の放棄や倍返しなどのルールがありますから、相当の覚悟と注意が必要です。
 一般的には、取引の相手方が信頼できる売り主かどうかを見極め、慎重に検討するための時間が必要ですし、信頼できる当方側の専門家の下で取引を進めることが重要です。

弁護士 大村豊